【転職ノウハウ】6.転職サイトの登録・利用方法

Googleで「転職サイト」というキーワードで検索するといくつか転職サイトがヒットします。自分に合いそうな転職サイトがあれば会員登録して転職活動をはじめてみましょう。

[大手の転職サイトがおすすめ!]

幅広い業界・職種の公開求人が豊富な大手の転職サイト(リクナビNEXTdodaマイナビ転職エン転職などの利用をおすすめします。

中小の転職サイトもありますが、大手の転職サイトに比べると求人数がかなり少なく求人の業界・職種も偏りがちな傾向があります。

①転職サイトの会員登録方法

会員登録の流れはどの転職サイトも大体同じですが、登録項目などは転職サイトにより異なるので、各転職サイトの会員登録フォームに合わせて登録して下さい。

※転職サイトに会員登録する際は、履歴書・職務経歴書資格・免許・ITスキル(Word・ExcelPowerPointのレベル)などを簡単にまとめたメモを用意しておくとスムーズに登録できます。

 

◆会員登録(例):「リクナビNEXT

※2022年1月29日時点の会員登録方法となります。最新の登録方法はリクナビNEXT公式Webサイトでご確認下さい。

Googleで「リクナビNEXT」を検索

Googleで「リクナビNEXT」を検索。検索結果の「【公式】リクナビNEXT」(広告)または「転職ならリクナビNEXT」(非広告)をのいずれかをクリックします。

⑵「新規会員登録(無料)」をクリックして仮登録

リクナビNEXTのWebサイトに入ると「まずは会員登録(無料)」という仮登録のようなページが表示されます。
メールアドレス入力>仮登録メール確認>プロフィール入力の3ステップで会員登録ができます。

ほとんどの転職サイトは、「メールアドレス登録」→「仮登録」→「プロフィール入力」をすると会員登録ができる流れです(例外もあります)。

②転職サイトの利用方法(会員登録後の流れ)

プロフィール以外に「学歴・語学・資格」「経験職種チェック」「職務経歴」を記入すると求人に応募ができるようになります。

⑴求人検索

トップページの「求人を検索する」から希望求人を検索しましょう。

キーワード検索(社名やキーワードから求人検索できる)

「職種・勤務地・働き方」のそれぞれの項目を選択して求人検索

⑵応募(応募>書類選考>合否連絡)

[応募]

応募したい求人が見つかったら、該当求人のページから「応募へ行く」ボタンを押して必要事項あれば入力したうえで「同意してこの求人に応募する」ボタンを押すと応募が完了します。

[書類選考]

応募後、リクナビNEXTまたは応募企業から「応募完了メール」がマイページ(自分専用の応募等の管理ページ)に届きます。

メール本文に「合否に関わらず◯日以内にご連絡いたします」や「書類選考を通過した方にのみ◯日以内にご連絡いたします」などの記載があるのでよく確認しましょう(「メッセージ管理」で確認できます)。

[合否連絡]

応募企業が書類選考を行った結果(合否連絡)が「メッセージ管理」に届きます。

※「合否に関わらず◯日以内にご連絡いたします」と記載があっても企業から連絡がない場合は、企業に直接問い合わせましょう、ただし「合格者のみに連絡する」という企業もあるので注意して下さい(不明点があれば転職サイトの「ヘルプ」や「お問い合わせ」で確認しましょう)。

⑶面接日程調整(書類選考を通過した場合)

書類選考を通過すると応募企業より面接の打診があります。

自分の都合に合わせて日程調整をして面接日時を確定させましょう(基本的にはマイページの「メッセージ管理」で企業とやりとりをします)。

⑷面接対策

面接が決まる(「次の選考のご案内」が来る)と「一次面接お役立ちレポート」がメールで送られて来るので参考にして面接対策しましょう(転職サイトによっては一般的な「面接の心構え」や「面接の注意点」のみの場合もあります)。

 

▼【面接内容・面接対策】の詳細はコチラ!

jpn03guide.hatenablog.jp

⑸面接(応募企業)

面接回数は企業規模により下記傾向があります。

[例]

・大手有名企業:面接3回くらい

(一次面接:人事・現場社員/二次:人事・現場管理職/三次:役員・社長)

・中小企業:面接2〜3回くらい

・零細企業:面接1〜2回くらい

IT企業ベンチャー企業だと面接とは別にSPI(適正テスト)を行う場合があります。SPIは合否に影響するので事前勉強をしておきましょう。

⑹面接の振り返り

面接が終わったら面接の振り返りをして「良かった点」「改善点」などを書き出して次回の面接対策をしておきましょう。

面接後の振り返りを繰り返すことで自分なりの必勝パターンができるのでおすすめです。

⑺面接の合否連絡(マイページまたはメッセージ管理)

面接の合否連絡は「マイページ」または「メッセージ管理」で確認できます(一部の企業で登録したメールアドレスに直接合否連絡をしてくる場合があります)。

⑻二次面接以降の対策

二次面接以降の面接アドバイスはないことが多いので、一次面接を振り返り対策したり、自分で調べて対策しましょう。

⑼内定通知/内定の受諾・辞退

内定が出ると「マイページ」または「メッセージ管理」に内定通知が送られて来るので内容を良く確認して内定の承諾または辞退をしましょう。

<内定通知>

企業から内定が出ると「マイページ」または「メッセージ管理」に「内定通知」が送られてきます。通常は「労働条件通知書」がメッセージ本文に記載または添付されているので必ず内容を確認しましょう。

労働条件通知書の記載がない場合は、必ず企業に連絡して労働条件を確認しましょう(労働条件を確認せずに入社するとトラブルになります)。

[労働条件通知書を必ず確認する]

内定通知には入社の際の労働条件(「労働条件通知書」)が記載またはメールに添付されているので必ず内容を確認しましょう。

[労働条件通知書の記載内容]

・労働契約期間

・就業場所・従事すべき業務

・就業就業時間・残業時間・休日休暇

・賃金・昇給

・退職

・その他:入社日や入社手続き・必要書類

など

条件が曖昧、求人票記載内容と違う、面接で話していた条件と違うなどの場合は必ず企業に確認しましょう。確認せずに入社するとトラブルになるので注意して下さい。

 
▼【労働条件通知書】の詳細はコチラ!(⑥参照)

jpn03guide.hatenablog.jp

<内定の承諾・辞退>

内定の承諾/辞退1週間以内を目安に企業に伝えましょう(諸事情で1週間以内に回答できない場合は企業に相談)。

[内定の承諾]

労働条件通知書に納得したら1週間以内を目安に企業に内定承諾する旨を伝え、「内定承諾書」(内定企業に就職することを誓約する書類)に署名します。

[内定の辞退]

1週間以内を目安に内定を辞退する旨を企業に伝えましょう。

※内定承諾書を企業に提出した後に他の企業から内定が出ることもあります。後から内定が出た企業が本命だとしても内定承諾書を複数送ると大きな問題になるので、内定承諾書を企業に送る際はあらゆることを総合的に考慮して決断しましょう。

③退職・引き継ぎ・入社の手続き

転職が決まったら、現職の会社での退職手続きと現在の仕事の引き継ぎ、そして転職先への入社手続き(入社準備)を行います。

▼【退職・引き継ぎ・入社の手続き】の詳細コチラ!

jpn03guide.hatenablog.jp

④まとめ(転職サイトで転職活動をはじめる)

◆転職サイトで転職活動をはじめるポイント◆

自分にあった転職サイトを見つけて会員登録する

→まずは幅広い業界・職種の非公開求人が充実している大手の転職サイトに登録して転職活動をはじめよう!

転職サイトを2つ以上登録するのがおすすめ!

→2つ以上登録すればどちらが希望に合った求人があるか比較検討できます。求人の傾向によってどちらか1つに絞っても、両方利用でもOKです(最初から1つだけ登録して転職活動するのもありです)。

登録した転職サイトが合わなければ他の手を考えよう!

→他の転職サイトに登録してみる

→転職エージェントを併用してみる

→複数の転職サイトに登録してこまめに希望求人を探す(手間暇がかかる)

 

以上